エンジニア プログラミングスクール

【評判】DMM WEBCAMPって実際どうなの?現役SEが解説

2021年1月23日

【評判】DMM WEBCAMPってどうなの?現役SEが解説
悩んでいる人
プログラミングスクールのDMM WEBCAMPって聞くけど、実際どうなんだろう?特徴や評判を詳しく知りたい!

 

こんな疑問を解決していきます。

 

本記事の内容
  1. DMM WEBCAMPの内容や料金の解説
  2. DMM WEBCAMPの良い評判と悪い評判
  3. DMM WEBCAMはどんな人におすすめか

 

簡単に自己紹介

自己紹介

このページをご覧の方の多くはこれからプログラミングを学習しようとしている方がほとんどなのではないでしょうか。

 

新しいことに挑戦するなんて、大変素晴らしいです。

 

私も人材の営業職からプログラミングを勉強して、エンジニアに転職しましたが人生が好転しました。

 

本記事を読めば、DMM WEBCAMPの概要を理解できるだけでなく、実際の評判まで知ることができます。
また、人材の営業職のころに多くの転職のサポートをしてきた現役エンジニアの私から見て、どんな人にDMM WEBCAMPがおすすめかまで解説します。

 

最後まで読むことで、自分がDMM WEBCAMPを受けるべきかどうか判断ができるでしょう。

 

結論を先に述べておくと、未経験からエンジニアへの転職までを本気で考えている人にはおすすめできます。

 

ぜひ最後までお読みください。

それではさっそく解説していきます。
ノンさん

DMM WEBCAMP公式サイト

無料カウンセリングに申し込む

※無料カウンセリングだけなら料金はかかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるか分からないのでお早めに

DMM WEBCAMPって?内容や料金を徹底解説

DMM WEBCAMPって?内容や料金を徹底解説

まず、DMM WEBCAMPの特徴から解説していきます。

 

「特徴は知ってるから評判・口コミを早く知りたい!」という方は下記のボタンからすぐに確認できます。(ページ下部に移動します。)

評判・口コミはこちら

 

特徴をまとめると下記の通り。

 

DMM WEBCAMPの特徴

  1. 初心者向けのプログラミングスクール
  2. 2つのコース
  3. 質問し放題、教室使いたい放題
  4. チーム開発も経験できる
  5. 転職に強いポートフォリオを作成できる
  6. 転職支援サポートあり
  7. 最短3か月でエンジニアへ転職可能
  8. 転職できなければ全額返金保証あり
  9. 受講開始20日間は無条件で返金保証あり
  10. 料金は月々15,500円~受講可能
  11. 最大56万円の給付金制度あり
  12. 教室は東京と大阪に2校ずつ
  13. 地方の方も安心!オンラインでも受講可能
  14. 転職成功率や離職率が控えめに言っても凄すぎる

ざっと特徴をまとめると上記の通りです。

 

ポイントを一つずつ詳しく解説していきます。

 

初心者向けのプログラミングスクール

DMM WEBキャンプはプログラミング初心者向けのプログラミングスクールです。

 

プログラミング完全未経験からエンジニアへの転職を目指すことが可能です。

 

本当に未経験からエンジニアなんかになれるの?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、下記を見てください。

 

プログラミング未経験者の割合の画像

未経験者の割合が97%と、ほとんどの方が未経験です。

 

未経験者に寄り添ったサポート体制が整っているので、安心して受講することが可能です。

 

DMM WEBCAMPの2つのコース

DMM WEBCAMPには多くのニーズに応えるために2つのコースが用意されています。

 

「短期集中コース」と「専門技術コース」があります。

 

一つずつ解説します。

 

短期集中コース

短期集中コース(3ヶ月の学習+キャリアサポート)

最短3ヶ月で未経験からエンジニアへの転職を目指すコースです。

 

1ヶ月目に専用教材でプログラミングの基礎を学びます。基礎と言っても、HTML、CSS、JavaScript、 jQuery、Ruby、Ruby on Railsなど多くのことを学習します。

 

2ヶ月目にチーム開発を行います。実際エンジニアになったら分かるのですが、一人で作り上げるなんてことはありません。多くの方と連携しながら開発を行います。開発現場に近い経験を積むことができます。

 

3ヶ月目にはポートフォリオを作成していきます。サービスの企画や設計からリリースまでの全ての工程を行います。随時質問することができ、完成したものは転職活動時にポートフォリオとして利用することができます。

 

専門技術コース

専門技術コース(4ヶ月の学習+キャリアサポート)3ヶ月目までは、短期集中コースと同じ内容ですが、4ヶ月目に「AI」または「クラウド」の学習を行います。

 

どちらも転職市場において、重宝されるスキルですね。自分がどのようなエンジニアになりたいかで選択すればいいでしょう。

 

自分がなりたいエンジニア像なんてまだないよ!

という方は、無料オンラインカウンセリングで相談してみたらいいですよ。

 

>>無料オンラインカウンセリングに申し込む(1分)

 

また、専門技術コースは厚生労働省指定の給付金制度の対象です。最大56万円のキャッシュバックを受けることが可能です。給付金については後ほど詳しく解説します。

 

質問し放題、教室利用し放題

プログラミングスクールによっては、質問に回数制限があったり、教室利用に制限があったりします。

 

ですが、DMM WEBCAMPは質問もし放題ですし、教室も利用し放題です。

 

プログラミングの独学で多くの方が挫折する理由は、「集中して学習できる環境じゃない」や「有識者に質問できる環境がない」などです。

 

環境が整った教室を利用し放題で、質問もし放題、さらには挫折させないための徹底サポートがあるので、最後までやり遂げることが可能です。

 

チーム開発も経験できる

DMM WEBCAMPでは先述したようにチーム開発がカリキュラムにあります。

 

チーム開発では主にECサイトの開発を行います。

 

チーム開発がないプログラミングスクールも多いですが、DMM WEBCAMPはチーム開発を経験できるので、エンジニアに転職した後もギャップなくスムーズに慣れていくことができます。

 

転職に強いポートフォリオを作成できる

カリキュラムの3ヶ月目には実際に自分で企画からリリースまで行います。

 

分からないことがあれば、講師に質問して作り上げるので、いいものができます。独学なんかでポートフォリオを作成しようとしても、未経験の人が一人で作ったものなんか、転職市場では役に立たないでしょう。

 

転職において、ポートフォリオは重要です。ポートフォリオがなくても転職はできたりしますが、ほとんどの企業では「ポートフォリオを持ってきてください。」と言います。

 

ポートフォリオの完成度によって、エンジニアに就職できるかどうか、いい企業に転職できるかどうかが変わります。

 

DMM WEBCAMPでは、転職に強いポートフォリオを作ることができるので、転職に強いプログラミングスクールと言えます。

 

転職支援サポートあり

DMM WEBCAMPは単なるプログラミングを教えてくれるスクールではなく、エンジニアへの転職のサポートまで行ってくれます。しかも、転職支援を受けられるのは年齢制限を設けているところもありますが、年齢制限はありません。

 

転職支援の内容は下記の通り。

 

転職支援の内容

  1. キャリアアドバイザーによる自己分析
  2. 徹底的なキャリアサポート(履歴書等の添削)
  3. 独自求人の紹介
  4. 何度でも転職相談可能

転職エージェントでは、求人を紹介して終わりなんてところもありますが、一人一人に寄り添った転職サポートを行ってくれます。

 

自己分析まで一緒にしてくれるので、自分自身の強みなどをより理解でき、納得のいく転職ができます。

 

後述しますが、DMM WEBCAMPからエンジニアへ転職した後の離職率は1%です。それだけ受講生の納得のいく転職まで付き添ってくれるというわけですね。

 

実際に評判もいいようです。

転職できなければ全額保証制度あり

DMM WEBCAMPは転職できなければ受講料を全額返金するという全額保証制度があります。

 

受講料を払ってエンジニアになれなかった時のセーフティーネットが用意されているからこそ、安心して受講することができます。

 

万が一転職に失敗しても、受講料は返ってきて、習得したスキルは残りますし。スキルがあれば自分で就職活動に取り組むことができます。

 

注意ポイント

転職できなければ全額返金保証は30歳未満の方に限ります。30歳以上の方は年齢的に少し転職のハードルが上がるためです。

ですが、30歳以上の方でも多くの方が転職を成功させているので、そこまで心配する必要はないです。

詳しくは下記でも解説しています。

DMM WEBCAMPは30代でもいける?現役エンジニアが解説
DMM WEBCAMPは30代でもいける?現役エンジニアが解説

続きを見る

 

受講開始20日間は無条件で返金保証あり

受講開始20日間は無条件で全額返金保証があります。

 

ポイントは「無条件」というところです。

 

予定がつかなくなった、転職するのをやっぱり辞めた、他にやりたいことが見つかったなど、いかなる個人的な理由でも全額授業料が返ってきます。

 

料金は月々15,500円~

料金は月々15,500円~受講することが可能です。

 

詳しい料金は下記の通り。

支払い方法/コース名短気集中コース専門技術コース
分割払い月々15,500円~
(初回のみ20,843円)
月々20,500円~
(初回のみ23,723円)
一括支払い690,800円(税込)910,800円(税込)
(給付金制度を最大限利用すれば350,800円(税込))

 

一括支払いが難しい方でも、分割払いを利用すれば15,500円~受講することができます。

 

ちょっと高すぎるんじゃない?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、エンジニアは他の業種と比べて平均年収は高いので、簡単に元を取れますよ。

 

プログラミングスキルがあれば、副業でも稼げますし、現場経験を2〜3年積んでフリーランスエンジニアなんかになれば年収も跳ね上がります。

 

有名プログラミングスクールのテックキャンプエンジニア転職と料金を比較すると下記の通り。

DMM WEBCAMPテックキャンプエンジニア転職
料金690,800円(税込)〜657,800円(税込)〜

 

評判の良いテックキャンプと比較しても大差ないことから、妥当な料金と言えます。

 

料金については下記でも詳しく解説しています。

DMM WEBCAMPの料金って高すぎじゃない?他スクールと比較
DMM WEBCAMPの料金って高すぎじゃない?他スクールと比較

続きを見る

 

最大56万円の給付金制度あり

DMM WEBCAMPの最大の特徴とも言えるのが、この給付金制度です。

 

2つのコースのうちの「専門技術コース」が教育訓練給付金の対象コースとなります。

 

「教育訓練給付」とは、労働者の自発的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受講した際の、訓練経費の一部を雇用保険により給付するものです。

引用:厚生労働省ホームページ

「専門技術コース」を選択することで最大56万円が国から給付されます。

 

対象となるのは下記の人。

初めて受給する場合
・受講開始までに通算2年以上の雇用保険に加入していること
・在籍中、または離職後1年以内であること

2回目以降の受給の場合
・前回の受講開始日から次の受講開始日まで通算3年以上、雇用保険に加入していること

 

受給の流れや給付額などは公式サイトをご確認いただくか、無料オンラインカウンセリングで詳しく聞いておきましょう。

公式サイト:https://web-camp.io/commit/

 

教室は東京と大阪に2校ずつ

教室は現在、東京と大阪に2校ずつ展開されています。

 

それぞれの教室のアクセスは下記の通り。

DMM WEBCAMP 渋谷校

住所:東京都渋谷区神南1-19-11 パークウェースクエア24階
アクセス:渋谷駅ハチ公前より徒歩7分

 

DMM WEBCAMP 新宿校

住所:東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル 4階
アクセス:新宿駅東南口より徒歩7分

 

DMM WEBCAMP 難波フロントビル校

住所:大阪府大阪市中央区難波4-7-14 難波フロントビル 4階
アクセス:難波駅より徒歩5分

 

DMM WEBCAMP 難波御堂筋センタービル校

住所:大阪府大阪市中央区難波4-4-4 難波御堂筋センタービル 8階
アクセス:難波駅より徒歩5分

 

人気で増設をしているといったところですね。これからも増えていくことが予想できます。

 

地方の方も安心!オンラインでも受講可能

DMM WEBCAMPはオンラインでも受講可能

東京と大阪にしかないって、地方の人は受講することができないの?

と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、オンラインでも受講可能です。

 

元々は、教室に通学して受講することしかできなかったのですが、2020年よりオンライン型が登場しました。

 

チーム開発を経験したいのに、オンラインじゃチーム開発ができなさそう!

と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、チーム開発もオンラインで完結します。(便利な時代とつくづく思います。)

 

これで教室に通うことが難しい地方の方も安心して受講することができます。

転職成功率や離職率が控えめに言っても凄すぎる

転職成功率や離職率がすごい数字です。

DMM WEBCAMPの離職率と転職成功率

公式サイトによると、離職率が1%、転職成功率が98%とエグい数字です。

元々人材系で働いていたので分かるのですが、この数字は控えめに言ってすごすぎます。
ノンさん

 

実際、IT業界の平均離職率は10〜15%程度と言われています。それが1%ですよ。

 

それだけ紹介先の企業が優良企業であることが分かりますし、一人一人に寄り添って転職支援をしている証拠と言えます。

DMM WEBCAMP公式サイト

無料カウンセリングに申し込む

※無料カウンセリングだけなら料金はかかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるか分からないのでお早めに

DMM WEBCAMPの良い評判

DMM WEBCAMPのいい評判

ここまでDMM WEBCAMPの特徴について解説してきました。

 

ここからは実際のDMM WEBCAMPの評判についてまとめていきます。まずは、いい評判から。

 

メンターのレベルが高い

メンターが頼りになるという声が非常に多く見受けられました。

 

困った時に頼れる人がいることでプログラミングは短時間で学習することができます。プログラミングスクールを選ぶ時にメンターの方のレベルは見るようにしましょう。

 

ポートフォリオを丁寧にレビューしてくれる

ポートフォリオのレビューを一人一人丁寧に行ってくれます。

 

エンジニアへの転職において、ポートフォリオはめちゃくちゃ重要です。その重要性をしっかりと考えて行動してくれているのが、好感持てるポイントです。

 

都合が悪いことも言ってくれる

都合がいいことしか言わないなんてスクールもありますが、都合が悪いことも言ってくれます。

 

一人一人に寄り添ったプログラミングスクールだからこそですね。

 

就職先が優良企業すぎる

就職先企業が優良企業が多いという声も多く見受けられました。

 

転職を考えるのは、今の職場に不安があったり、将来のためだったりと今の現状をよりよくするためだと思います。それが、現状よりも悪化したら転職した意味がないですよね。

 

転職するならどうせなら自分にとっての優良企業に転職したいものです。

 

転職サポート付きのプログラミングスクールを選ぶ上で、就職先が優良かどうかはきちんと見ておきましょう。

 

チーム開発があるのはありがたい

DMM WEBCAMPの大きな特徴の一つがこのチーム開発です。

 

チーム開発をカリキュラム内に入れているプログラミングスクールはかなり少ないです。おそらく、受講生の足並みを揃えたりとカリキュラムに入れにくいのでしょう。

 

テックキャンプエンジニア転職にも少し前まではあったのですが、カリキュラムから廃止されているみたいですね。

 

チーム開発で得られるものは多いです。

 

チーム開発のメリット

  1. 仲間ができる
  2. 現場に近い環境で学習できる
  3. 意見交換ができる etc...

チーム開発を経験したいと思っているなら、DMM WEBCAMPは候補の中から外せないスクールです。

 

給付金制度がある

先述したように、DMM WEBCAMPでは教育訓練給付金で最大56万円が返ってきます。

 

教育訓練給付金制度の対象となったプログラミングスクールは数少ないです。プログラミングスクールは決して安い値段ではないので、こういった制度の対象となっているのは非常にありがたいですね。

 

短期間で成長できる

短期間で成長できるという評判もありました。

 

独学だと時間がかかりすぎて、成長しているのかどうか分からなかくなることがあります。短期間で成長を実感できるからこそ、継続できて最後までやり遂げることができます。

 

エンジニア仲間の繋がりができる

DMM WEBCAMPは横の繋がりや縦の繋がりを大事にしています。

 

実際にDMM WEBCAMP卒業後は、エンジニア同士の交流ができるエンジニアサロンに入ることもできます。

 

エンジニアの繋がりを増やしておくことで、新しい技術の習得や、仕事を獲得できたりできます。

 

教室が利用できる

自宅やカフェで集中ができない人にとっては、教室があるスクールは非常にありがたいです。

 

プログラミング学習しかやることがない環境に身をおくことで集中して学習することが可能です。オンラインのみで完結できるスクールも多くありますが、教室も利用できるという選択があるのは非常にありがたいです。

オンラインでも全く問題ない

オンラインのクオリティも高いと評判でした。

 

教室に通うことが難しい人でも、安心して受講することができます。

キャリア面談が有意義すぎる

キャリア面談の質も好評です。

 

人材エージェントで転職活動した場合、多くの人材エージェントは転職させることが第一の目標なので、個人のキャリアを見つめ直したりしてくれません。本人の希望に合う企業を紹介して、転職してもらうというに過ぎません。

 

しかし、DMM WEBCAMPは一人一人のキャリアを見つめ直すきっかけを与えてくれ、一緒に考えてくれます。

 

本人が心から納得できる転職ができるように徹底的にサポートしてくれます。

DMM WEBCAMP公式サイト

無料カウンセリングに申し込む

※無料カウンセリングだけなら料金はかかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるか分からないのでお早めに

DMM WEBCAMPの悪い評判

DMM WEBCAMPの悪い評判

良い評判ばかり紹介していては、DMM WEBCAMPの回し者みたいに思われるかもしれないので、公平に悪い評判についてもまとめていきます。

 

悪い評判もいくつか見受けられました。

 

料金が高い

料金が高いという意見がありました。

 

確かに決して安い料金ではありませんが、エンジニアになって給料を上げたり、副業したりすることを考えると元は取れます。給付金制度も利用できますし。

 

自分自身の財布と相談して、無理のないようにだけはしましょう。

 

WEB系のプログラミング学習がメイン

DMM WEBCAMPの短期集中コースで学習できるプログラミング技術は下記の通りです。

 

身に付く技術・スキル

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Ruby
  • Ruby on Rails

これらは主にWEB系の技術です。ホームページの作成やWEBサービスに用いられる技術です。

 

学習できる内容はWEB系が中心なので、WEB系に興味がない人は注意が必要です。

 

補足

教育訓練給付金制度を利用できる「専門技術コース」では、AI技術に用いられるプログラミング言語Pythonなども学習することが可能です。

 

入学前に選考がある

DMM WEBCAMPは全員が受講することができるわけではありません。

 

選考なんて、なんか難しそう!

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなに難しいものではありません。

 

主に選考で確認される内容は下記の通り。

 

DMM WEBCAMPの選考内容

  • タイピングができるかどうか
  • PCの基本操作に問題ないか
  • 転職意思があるかどうか

PCをほとんど触ったことのない人や、エンジニアへの転職に対して前向きでない方は落ちる可能性がありますが、本気でエンジニアへの転職まで考えている方はほとんど落ちないです。

 

選考に対して、少しでも不安がある方は事前に無料オンラインカウンセリングで聞いておきましょう。

 

下記より申し込めます。

>>無料オンラインカウンセリングに申し込む(1分)

 

DMM WEBCAMP公式サイト

無料カウンセリングに申し込む

※無料カウンセリングだけなら料金はかかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるか分からないのでお早めに

DMM WEBCAMPはどんな人におすすめか

DMM WEBCAMPはどんな人におすすめか

ここまでDMM WEBCAMPの内容や評判についてまとめてきました。

 

どんな人にDMM WEBCAMPはおすすめなのでしょうか。

 

元人材会社で転職サポートをしてきて、現役エンジニアの私から見て、下記のような人にDMM WEBCAMPはおすすめです。

 

DMM WEBCAMPがおすすめな人

  1. 本気でエンジニアへの転職を考えている人
  2. 確かな実績のあるプログラミングスクールがいい人
  3. 転職サポートが手厚いところがいい人
  4. ブラック企業ではなく優良企業に転職したい人
  5. チーム開発が経験できるスクールがいい人
  6. エンジニアの繋がりや人脈を増やしたい人

 

DMM WEBCAMPがおすすめでない人

  1. 無料で学習したい人
  2. 転職は考えておらず、プログラミング技術だけ身につけたい人
  3. 一人で黙々と学習したい人

といったところでしょうか。

 

おすすめな人に2、3個でも当てはまれば、とりあえず話を聞いてみることをおすすめします。無料なのでリスクゼロです。

>>無料オンラインカウンセリングに申し込む(1分)

 

DMM WEBCAMP公式サイト

無料カウンセリングに申し込む

※無料カウンセリングだけなら料金はかかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるか分からないのでお早めに

DMM WEBCAMPを受講するまでの流れ

DMM WEBCAMPを受講するまでの流れ

DMM WEBCAMP受けてみたいなという人のために受講するまでの流れをまとめていきます。

 

DMM WEBCAMP受講までの流れ

  1. 無料オンラインカウンセリングで自分の目的に合っているか確認
  2. 適性テスト(選考)を受ける
  3. 決断
  4. 料金の支払い
  5. 受講スタート

上記のような流れです。

 

受講をするにしても、まずは無料オンラインカウンセリングを申し込むことが1歩目です。

 

受講してから「こんなはずじゃなかった」「思っていた内容と全然違う」ということがないように、無料オンラインカウンセリングが設けられています。

 

気になっているなら早めに申し込んでおきましょう。無料オンラインカウンセリングは人気で、枠がほとんど埋まっていることがあるので、早めに申し込んでおきましょう。

 

>>無料オンラインカウンセリングに申し込む(1分)

 

DMM WEBCAMP公式サイト

無料カウンセリングに申し込む

※無料カウンセリングだけなら料金はかかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるか分からないのでお早めに

さいごに エンジニアになるなら早い方がいいです

いかがでしたでしょうか。

 

今回はDMM WEBCAMPの内容や評判についてまとめました。

 

総合して、プログラミング未経験者からエンジニアへの転職までを考えている人にとっては、間違いないスクールです。給付金制度の観点から見ても、国からのお墨付きというわけですし、安心して受講することができます。

 

これからプログラミングを学習する方の参考になれば幸いです。

 

また、急かすようで申し訳ないのですが、エンジニアへの転職を本気で考えているなら早い方がいいですよ。

 

というのも、エンジニアの需要と供給のバランスが崩れている今は、未経験からでも比較的転職可能ですが、エンジニアの人気が高まっていることや、プログラミングの義務教育が始まったことなどを考えると、未経験からの転職はどんどんとハードルが上がるでしょう。

 

また、年齢的に見ても、若い方の方が未経験の転職は有利です。

 

「あの時プログラミングを学習していれば良かった」「あの時転職活動をしていれば良かった」と後から後悔することがないように、早め早めに行動していきましょう。

 

>>公式サイトに移動する

 

参考になれば幸いです。

 

今回は以上です。

DMM WEBCAMP公式サイト

無料カウンセリングに申し込む

※無料カウンセリングだけなら料金はかかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるか分からないのでお早めに

スポンサーリンク

-エンジニア, プログラミングスクール
-, , ,